イボの豆知識

イボを取るためにアロマオイルを使っている女性もいる?


アロマオイルはリラクゼーションのツールや、お客様をお迎えするための香りのおもてなしとして利用する人が多いものです。


ホホバオイルなどの各種オイルやクリームなどの基材に数滴たらして混ぜるだけで使用することができるため、足のマッサージにアロマオイルを利用している人もいます。また美容液として顔に使う人もいるくらい肌には自然で優しいのです。


そういった自然素材のアロマオイルは美容、リラクゼーション分野だけでなく、医療分野にも進出しています。ラベンダーなどは、アロマオイルを原液で使用でき、やけどの時ややけどのあとにも治療促進の力があります。


イボ取りなどにも安心して、使えます。ローズマリーなどは肌の引き締め効果があるため、化粧水にもよく配合されます。ローズは細胞の再生、肌の若返りに効果があるため、女性に大人気です。


肌のほかにも、体調不良にはアロマオイルは大活躍しています。花粉症や風邪による鼻づまりにはユーカリが大変効果的で、すぐにすーっと鼻が通るようになります。薬を使い続けることに不安がある人は、アロマオイルに加えて、ハーブティーも生活に取り入れると、より効果的です。


アロマオイルによっては肌に刺激を感じるものもあるので、アロマセラピストに相談しながら使用すると良いでしょう。花から取れたオイルは全般的に肌に優しいものが多いといわれています。たとえば、ゼラニウムやカモミールなどです。


スパイス系のアロマオイルは刺激が強いので、肌への使用は避けましょう。例えば、プラックペッパーやジンジャーなどです。これらのスパイス系オイルは、冷えの強い人のマッサージに微量使うことで効果が出ます。


また、心理的な分野で、鬱など気持ちが沈んでいる時に使用することもあります。心理的な分野でもアロマの力は大きく、オレンジは気分を明るくしますし、ラベンダーは鎮静作用が強く、不安、緊張感が強いときや不眠症などにも応用されています。