イボの豆知識

ヨクイニン・ハトムギ茶にはイボ予防や改善の効果あり?


ハトムギ茶には昔からイボを予防する効果があることで知られ、漢方薬にも用いられてきました。ヨクイニンはハトムギの殻を潰し、外殻を取り除いた中の白い部分に含まれています。製品により効き目の強弱はありますが、基本的にどちらを使っても効果は同じです。


ハトムギには美肌作りに欠かせないタンパク質、カルシウム、カリウム、鉄等のミネラル、ビタミンB群、脂質、糖質がバランスよく配合されており、中でもコイクセノライド脂肪酸には抗腫瘍・抗ウイルス作用があります。


皮膚トラブルを抑える効果と、皮膚細胞を新しくつくりかえる効果、新陳代謝を高め循環をよくする効果で既に出来てしまったイボを排出し、イボ自体が出来にくい肌へと改善する効果が期待できます。


ハトムギ茶やヨクイニンに効果を最大限に引き出すためには、服用するタイミングは食前・食間の空腹時が良いとされています。市販のハトムギ茶には100パーセントのものと、他のお茶などを混ぜたブレンド茶がありますが、ハトムギ茶には独特のクセがあり飲みにくいとの声もあります。


当然ながらイボ対策には成分が高いものの方が効果的ですが、お茶が飲みにくいようならヨクイニンの錠剤やヨクイニン配合のサプリメント等を用いるのが手軽です。どちらにしても飲みはじめてすぐに効果が現れるわけではありませんので、イボの除去を目的とするなら少なくても3か月程度継続しましょう。代謝が良くなりますので人によっては数週間くらいでむくみの軽減や肌の保湿効果を感じる方もいらっしゃいます。


食品ですので重篤な副作用はありませんが、ハトムギはイネ科植物ですので、イネ科アレルギーのある方は赤みやかゆみが出ることもあるようです。


また身体を冷やす作用があるので、冷えが気になる人は注意が必要です。胃の不快感や下痢が続くようなら服用をやめましょう。妊婦の方は避けた方がよいでしょう。またお薬を飲んでいらっしゃる方はあらかじめ医師に相談してください。