イボの豆知識

老人性いぼ(脂漏性角化症)を改善するには?


老人性いぼは脂漏性角化症といい、皮膚の良性腫瘍のひとつです。老人性いぼは皮膚の老化現象のひとつであり、80歳以上の高齢者ではほとんどの人にその症状がみられます。はやいと遺伝的な原因もあり20歳から30歳の若い頃にあらわれる人も見られ、徐々に大きくなりその数も増える傾向にあります。


老人性いぼは、全身のどこにでもあらわれます。紫外線を長く浴び続けてきたことにより症状があらわやすいのが特徴で、日焼けしやすい顔や首、胸元、手の甲などには特にあらわれやすいといえます。老人性のシミと同時にあらわれるケースもあり、このシミが少しずつ盛り上がり、老人性いぼに変化することもあります。


老人性いぼの大きさとしては、直径1ミリほどの小さなものから2センチくらいのものまで様々です。症状があらわれた時には小さくても、加齢とともに大きくなっていくのも特徴のひとつといえます。色も様々で、皮膚の色に似たものもあれば、淡褐色、灰褐色などのほか、黒いものもあります。そのため、皮膚にあらわれることのあるシミやほくろ、皮膚がんなどと区別がつけられない場合もあります。いぼの形や手触りも様々で、円形状のものや楕円形状のもの、平らでスベスベのものもあれば、少し盛り上がりザラザラしたもの、硬くなっているものまで様々です。


老人性いぼの対策方法としては、できるだけ早いうちから予防的なケアを行うことが重要になります。紫外線を浴びることにより症状があらわれやすくなるので、紫外線対策が効果的です。日焼け止めや、日傘や帽子の着用など、できる限り紫外線を浴びないように気を付けることが大切です。


また、肌が乾燥した状態になっていると、紫外線による刺激を抑えるバリア機能が弱ってしまうので、意識して肌の保湿を行うようにしましょう。そして生活習慣にも気を付ける必要があります。肌に悪影響を及ぼすタバコ、ストレス、睡眠不足を避け、肌の健康状態を保つようにしましょう。