顔のイボ対策

顔のイボ・ホクロ・シミ対策に効果的?カソーダとは?


イボやほくろは顔にできると目立ち、コンシーラーでも隠すことが難しいので、気にしている女性は多いです。イボやほくろを除去したいと考えている女性の間で注目を集めている商品が、カソーダです。カソーダは、アメリカで開発されたアルカリ性のクリームです。成分は、重曹とひまし油です。


重曹は、掃除にも美容にもお菓子作りにも使える便利なものです。重曹は、非常に細かい粒子で、スクラブ剤として毛穴の汚れを落とすために使っている人も多いです。また、重曹を使ったパックは、鼻の角栓除去に有効です。ただ、重曹は研磨作用が強いので、使う時は肌を傷めないように気を付ける必要があります。


ひまし油は、欧州では昔から使われていた油で、ヒマという植物の種を絞って抽出します。日本では、長い間、下剤として使われていました。中国では、漢方として使われています。現在では、化粧品にも配合され、塗料などにも使われています。ひまし油は、9割近くがリシノール酸です。リシノール酸は、小腸の神経を刺激して、蠕動運動を促進させます。


また、不要な物質を体外へと排出させます。解毒作用があるため、肝臓をサポートし、アンチエイジング効果も期待できます。ひまし油は、品質が大切なので、購入する時は信頼できるメーカーの商品を購入した方が安心です。カソーダは、1日2回肌に付けます。カソーダは、価格が安いため、日本でもとても人気があります。


しかし、皮膚に対して強い作用があり、肌トラブルの原因になることもあるので、使う時には注意が必要です。カソーダを塗ったら、紫外線を避けることも大事です。カソーダは刺激が強いため、本来の使い方では、顔への使用は勧めていません。


日本でも、多くの人が、カソーダを購入して使用していますが、ホクロやイボ、シミに使用してみて、効果が出たという人もいれば、効果がなかったという人もいます。カソーダを使う時は、自己責任で使うことになるので、無理をしないように気をつけた方がいいです。