顔のイボ対策

木酢液を使って顔イボを治療できる?


木酢液を使ってイボを治療することができます。通常イボ治療と言えば液体窒素やメスを使った切除が一般的なのですが特に液体窒素の場合はマイナス200度のものを使いますので痛みを生じます。


しかもしっかりと芯を取り除かないとまた再発してしまうのです。小さな子供さんでしたらかなり苦痛な治療になるでしょう。その点木酢液を使えば安全に顔イボを取り除くことができます。、木酢液には高い殺菌効果があるのですがこれでイボの原因のウイルスを殺してくれるのです。


毎日お風呂上りに木酢液を付けてさらにコットンにしみこませたものを絆創膏でイボのある部分に貼り付けることで木酢液を中までいきわたらせることができます。これを続けていると段々とイボが黒くなりかさぶたのようになってある日突然ボロッと取れます。しかも痛みもありませんし跡もきれいになるので顔にできたイボにはうってつけです。


ただ木酢液の安全性はどうなのでしょうか。殺菌効果が高いのは逆に言えば副作用も強いと思われますが初心者にとっては気になるところです。


また発がん性があるのではという疑いもあります。これについては木酢液によって違いがあるとみていいでしょう。きちんと発がん性の検査をしてクリアしたものを販売しているものもあります。また添加物も極力入れておらず国産の木からできた木酢液だけを使っているものもあります。どのような原材料なのかや添加物にはどのようなものを使っているのかを調べておけば安心して利用できますので必ず調べてください。


あと効果が出るまでの期間ですが人により違いがあります。数日程度で効果の出る人もいますが完全に平らになるまでに数か月かかる方もいます。ですので根気よく治療を続けることが大事です。すぐに治療したい方はやはり液体窒素で治療したほうがいいでしょう。


ウイルス性のイボの場合は他の部分に感染する可能性もあるので早いうちにこれで完治させることをおすすめします。