首のイボ対策

首にできる角質粒はピーリングで取り去ることができる?


角質粒はその名前の通りに角質が粒のようになって首回りや顔に出来てしまうものです。これは垢として剥がれ落ちてしまうはずの角質が肌に残ってしまい、そこに角質が残り続けてしまうことが原因で粒状になってしまっているのです。


肌は肌の奥で細胞が生まれ、それが徐々に新たな細胞によって肌の表面に向かって押し出されるようになり、最後には肌の表面で角質となって紫外線を防いだり、水分の蒸発を防いで肌を守り、垢となって剥がれ落ちて行きます。ターンオーバーと呼ばれているそのサイクルですが、それが何らかの原因で角質が肌から剥がれずに残ってしまったものが大きくなったものが角質粒と呼ばれるのです。


大きくなりすぎてしまった角質粒の場合には病院でレーザーなどで治療を行わなければなくなりませんが、まだ小さいうちならば自分で改善することができます。そのための方法がピーリングになります。


ピーリングは肌に残っている角質を取り除き、本来の新しい角質に戻す働きがあります。肌のターンオーバーを正常にするので、角質粒だけではなくニキビやくすみなど、気になる肌の状態を良くするためにも利用されています。使うものはジェル状になっているものや石鹸タイプ、酸性の液体を塗るものなどがありますが、自分の好みのもので構いません。


ピーリングは自宅で自分でできるというメリットがありますが、一度に角質粒を綺麗に取り去ることができるものではありません。週に1?2度の割合で利用することで徐々に小さくしていくことは可能です。


そのため、継続した使用を行わなければなりません。早く肌を綺麗にしたいからと言って毎日のように使うと、肌にとっては刺激が強すぎてしまい必要な角質まで剥がれてしまう可能性があります。


そうなると肌が外部の刺激を防ぐことができなくなってしまうので、シミや乾燥の原因になってしまいます。どうしても早く取ってしまいたいという場合には、病院で除去してもらう方が早く取り除くことが可能になります。